LOG IN

得子と璋子

by yae

高2の時の先生がスパルタで、脳髄に刷り込んだかというぐらいノート取らされたのが鳥羽上皇関係でした。鳥羽天皇でもいいけど上皇としなければ二条天皇の話に及ばないので上皇とします。(この記事で話すわけではないですが、界隈の括りとして)法王だと肝心の白河上皇が範囲外になる。さん付けはあれだしで。
そんなわけで鳥羽上皇界隈は女性関係がえらい複雑かつドラマ(昼系)だったので個人的に聞いてる分には面白かったのですが、我が身に降りかかるとなったら御免被る話だなとか。ドラマといえば大河で平清盛が発表された時は、その辺通るはずだなと思って珍しく見た記憶。鳥羽上皇らへん全員退場して平清盛に良い人感出てきたあたりまで見てました。
その後は有耶無耶ですが三上さんの鳥羽上皇(立ち位置三パターン)が良かったことで同期と盛り上がったのは記憶に新しいです。もう2012年のドラマか。清盛は自分が唯一分かる時代だったので見ましたが、基本的に歴史もの全然か分からないので触れる機会は少ないです。人間分からないものには触らない。触らなければ一生知らない。知らないものは理解もできない。
ちまちま歴史かじってる理由の一つでもあります。
有名どころでいえば水戸黄門も江戸の年号の変遷や時代背景知らないからなんか成敗してるぐらいしか分からなくて、幼馴染がクラスで水戸黄門の名乗り(建前の方)を真似るくらいハマってるのが羨ましかった。知らないものは知りたいし、理解して楽しめるようになりたい。
江戸時代をコツコツ学びながら、並行してその時代を舞台にした作品に触れています。時代背景分かるようになってきたらだんだん面白くなってきた。自分の知識がどんだけ頭に入っているかとか、どんな部分に興味があるのか確かめるのにもいいし、分からないとかあやふやな部分が認められれば次勉強する時の予習復習の計画が立てやすい。
勉強っていろんなやり方があると思いますが、スパルタ詰め込みな高校にいたからか、自由に好きなとこから間口を広げて知識を増やすやり方が好きです。
スパルタでも情報は頭に入るし、あれはあれで受験を前にした生徒には一種効率のいい勉強方法だったかもしれないけど。一口に言って大変だから。私はあんまり好かなかったので。今はのびのびやってます。これでちゃんと身についたら先生にもアピールできそう(もう二度と会うことはないでしょうがその時の日本史の先生は大好きでした)学ぶって楽しい。もっと知りたい。


yae
OTHER SNAPS